孫正義流資料作成術とスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションについて‼︎

どうも、冨樫です。

最近は色々と資料や書類を作成することが多くなり、どう作ろうかとか、どうやって変わりやすく見やすく出来るだろうかと思考錯誤していますが、孫正義流資料作成の本があったので購入して読んで見ました‼︎その中でスティーブ・ジョブズのプレゼンと共通点があることに気づきました。

 

1つ、文字が少なく図が多い。

2つ、多くの情報が様々な形で部品化されていて事細かい。

3つ、細かな情報と一目でわかる何かで構成されている。

 

この3つに限られています。

 

図、グラフを作るにも中身の濃いものでなければ意味がなくどこに視点を当てるかがポイントとなります。

誰が見てもわかるとは少し違う気もしますが、着目点がしっかり示されているものでなければなりません。